エネ百科のロゴ画像

Interview

スペシャル対談 ~前編~

廃炉・汚染水対策の現地から復興を支える

木野 正登 Masato Kino

経済産業省資源エネルギー庁 廃炉・汚染水対策官
原子力災害対策本部 廃炉・汚染水対策現地事務所
参事官

2020.11.16

 
シェア

Profile

東京都墨田区出身。東京大学工学部原子力工学科卒業後、1992年通商産業省(現経済産業省)入省。資源エネルギー庁原子力発電安全企画審査課に配属。原子力安全・保安院 柏崎刈羽原子力保安検査官事務所所長、文部科学省防災環境対策室長を経て、2011年3月、原子力災害現地対策本部広報班長に着任。2013年9月より現職。

Movie

ムービー

バナーをクリックしてアンケートページへ →

01

福島第一原子力発電所事故が発生。福島へ

震災後の3月20日に福島へ来ました。その時の福島の印象は、とにかくバスにもガソリンスタンドにも長蛇の列ができていたことです。 私が福島に入る頃には電気は復旧していたのですが、水道はまだまだ復旧している地域が少なく、宿泊先を決めるときも「お風呂がない」「水が出ない」と言われました。しかしその後は深夜まで仕事をしていたので、ホテルに泊まることも少なく、オフサイトセンターの床にダンボールを敷いて寝ていました。

02

目まぐるしく変わる状況。

当時、私は広報班長を任命されていました。福島第一原子力発電所の状況を常に把握し、変化があるたびに情報をマスコミに説明するということをしていました。それ以外にも農林水産物の出荷制限や地域住民の状況、放射線モニタリングなどの様々な情報をマスコミに説明し続けていました。さらに、住民の方に福島第一原子力発電所の現状や、原子力や放射線の基礎的な情報などから説明していました。

03

廃炉・汚染水対策に携わるように

2013年は、福島第一原子力発電所では、汚染水の問題などでトラブル続きでした。そこで、経済産業副大臣が現地に事務所を作ることを決め、同年9月からは廃炉汚染水対策の事務所が立ち上がりました。それをきっかけに、私は廃炉・汚染水対策にずっと携わっています。井戸から水を取り出して放水を行う地下水バイパスや、原子炉建屋の井戸から水を汲み上げて放水を行うサブドレン、また凍土壁を作ることなど、とにかく現場は汚染水対策が中心でした。 現在は、汚染水対策がようやく落ち着いてきましたが、今の最大の課題は、処理水をどうしていくか。また、廃炉の問題にシフトしてきています。

04

事故から10年を経て、前向きに捉えてくださる方も

燃料デブリの取り出しなど、今後も難関の仕事は山程ありますが、先のことを落ち着いて考えていける段階にはなっていると思います。 昨年度から地元住民の方と私たち資源エネルギー庁と東京電力HDが福島第一原子力発電所を視察して、そのあとに座談会を行う取り組みを始めました。そこに来てくださる住民の方が、総じて非常に冷静に話を聞いてくださり、意見も言ってくださいます。また、そういう場所に来てくださる方だからこそなのかもしれませんが、前向きに捉えてくださる方もいます。もちろん厳しい意見もまだまだありますが、冷静に話し合いができるような形になってきていますね。

バナーをクリックしてアンケートページへ →

Other

関連記事

情報とコミュニケーションから復興を支える

藤原 カズヒロ
Kazuhiro Fujiwara

廃炉の課題解決を目指すロボット開発から復興を支える

武田 匠 / 鳥羽 広葉 / 富樫 優太
福島工業高等専門学校

食をつなぐ新しいコミュニティから復興を支える

小幡 広宣
Hironobu Kowata

漁業の魅力を伝える市場から復興を支える

常世田 隆
Takashi Tokoyoda

放射線の知識を繋ぐ科学館から復興を支える

佐々木 清
Kiyoshi Sasaki

一次産業と地方創生から復興を支える

松﨑 健太郎
Kentarou Matsuzaki

システム構築とデータ分析から復興を支える

長井 英之
Hideyuki Nagai

地域コーディネーターの立場から復興を支える

押田 一秀
Kazuhide Oshida