【5-6-6】(株)ジェー・シー・オー ウラン加工工場 臨界事故の概要

1999年9月30日、ジェー・シー・オー ウラン加工工場において臨界事故が発生し、被ばくした作業員のうち2名の方が亡くなった。臨界状態の継続により約20時間にわたって放射線が放出され初の住民避難が行われる等、周辺住民にも大きな混乱と不安を与える結果となった。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする