【5-6-3】浜岡原子力発電所1号機配管破断事故の概要

2001年11月7日、浜岡原子力発電所の高圧注入系の手動起動試験を実施したところ、流入した蒸気により余熱除去系蒸気凝縮系配管の上部に蓄積していた水素が急速に燃焼して配管が破断した。外部への放射能の影響はなかった。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする