原子力・エネルギー図面集

【2-1-16】発電に伴うCO₂排出量等の推移

原子力発電の導入により、発電時に発生するCO₂の割合は減少してきている。しかし、東日本大震災の影響に伴う原子力発電所の長期停止等により、火力発電量が増加したことで、使用端CO₂排出原係数は、2011年度以降増加している。2018年度は0.463kg-CO₂/kWhまで減少したが、依然として震災前より高い数値である。(2020年2月10日更新)

この記事に登録されたタグ

PAGETOP