原子力・エネルギー図面集

【6-5-4】空間放射線量の測定

原子力発電所等の周辺において空間放射線量を連続的に監視、測定するために設置される装置をモニタリングポストという。主に、ガンマ線の測定を目的とするため、「シンチレーション式検出器」や「電離箱式検出器」が用いられる。携帯用の放射線測定器には、ガンマ線を測定するシンチレーション式サーベイメータや電離箱式のサーベイメータ、中性子線を測定するサーベイメータがあり、測定する放射線の種類により異なる。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

関連記事

PAGETOP