原子力・エネルギー図面集

【6-3-12】放射線と生活習慣によってがんになる相対リスク

広島県と長崎県で続けられている被ばく者の追跡調査と、生活習慣によってがんになるリスクについて、研究の結果、一般公衆の年線量限度の100倍にあたる100ミリシーベルトを被ばくした場合のがん発症率は、通常の1.08倍に増加し、野菜不足とほぼ同様であった。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

PAGETOP