原子力・エネルギー図面集

【6-3-1】放射線防護の基本

放射線防護の3原則は、遮へい・距離・時間という3つである。「遮へい」の原則は、放射線源と作業者の間に遮へい物を設置することにより被ばく線量を低減すること、「距離」の原則は、放射線源と作業者との距離を離すことにより、作業時における空間線量率を低減することである。「時間」の原則は、作業者が放射線を受ける時間を短縮することである。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

PAGETOP