原子力・エネルギー図面集

【5-8-5】運用上の介入レベル(OIL)と防護措置の内容

緊急事態のうち「全面緊急事態(EAL3)」に至り、放射性物質が発電所等の外に放出された場合には、緊急時モニタリングの結果などによって、適切な防護措置を実施する。 UPZ国内の住民が行う防護措置の判断基準として、「運用上の介入レベル(OIL)」が設定されている。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

関連記事

PAGETOP