【5-8-3】原子力災害時の対策区域の拡大

旧防災指針では、防災対策の重点区域の目安を原子力発電所の半径8~10kmにしていたが、福島第一原子力発電所の事故と国際基準を踏まえ、その範囲を見直した。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする