原子力・エネルギー図面集

【5-2-5】設備の健全性評価の方法

使用に伴って生ずる設備劣化の度合いを検査し、一定期間後の劣化進展を予測評価した結果、安全水準を満たす場合は継続使用し、満たさない場合には補修または取替えを行う。このための検査・評価の方法、判定基準を示したものが維持規格(維持基準)である。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

PAGETOP