【9-4-4】核燃料税率の推移

核燃料税は法令外普通税として、道県が条例を公布して施行する(総務大臣に協議し、その同意を得ることが必要)もので、発電用原子炉に装荷された原子燃料の価額等を課税標準とし、その電力会社に課せられるものである。(2018年6月27日更新)

このページをシェアする