【7-5-3】燃料物性へのプルトニウムの影響

プルトニウムとウランは化学的な特徴は似ているが、融点や熱伝導度が異なっているため、プルトニウムの混合割合が増えるにしたがって、MOX燃料の融点が低下し、また熱伝導度が低下するため、MOX燃料の温度が上昇する傾向となる。しかし、実際にプルサーマルで使用するMOX燃料の混合量では、いずれの変化も小さく、実際のMOX燃料の温度は融点に対して十分な余裕を持っている。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする