【7-2-1】原子燃料サイクル

使用済燃料の中には、燃え残りのウランや新たに生まれたプルトニウムが含まれており、これらを回収して再び燃料として使えることが原子力発電の特長の一つである。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする