【7-1-3】軽水炉内でのウラン燃料の燃焼による変化

軽水炉では、ウラン235だけでなく高速中性子によりウラン238も核分裂する。また、ウラン238が中性子を吸収することによってプルトニウム239が生成されるが、出力(発電量)の約30~40%はプルトニウムの核分裂によるものとなっている。このプルトニウムは使用済燃料から取り出して再利用(リサイクル)することができる。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする