【6-4-6】原子力施設周辺の環境放射線モニタリング

原子力施設周辺の放射線を定期的に、または連続的に測定監視することを環境放射線モニタリングという。
環境放射線モニタリングでは、原子力施設周辺の空間放射線量率の測定(モニタリングポスト、モニタリングステーション、モニタリングカー)や環境試料(陸上、海洋)の採取・測定を行い、放射線・放射能による周辺環境への影響がないことを確認している。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする