原子力・エネルギー図面集

【5-8-8】原子力損害賠償制度

原子力発電所の事故で損害が生じた場合には、原則として原子力事業者がその全ての責任を負うことになっており、原子力事業者は法律に基づき保険会社と損害賠償契約を結んでいる。賠償責任の額が賠償措置額を超え、かつ、原賠法(原子力損害の賠償に関する法律)の目的を達成するために必要があると認めるときには、国会の議決により国の援助が行われる。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

関連記事

PAGETOP