【5-1-7】燃料集合体の構造と制御棒

燃料集合体は、ウラン燃料(ぺレット)が充てんされた燃料棒を、1体あたり、BWR用では50~80本程度、PWR用では200~300本程度束ねたもの。制御棒は、ホウ素やカドミウム等の中性子を吸収しやすい物質で作られており、制御棒を出し入れすることにより原子炉内の中性子の量を調整し炉心の出力をコントロールするもの。(2016年3月14日更新)

このページをシェアする