原子力・エネルギー図面集

【3-1-2】新エネルギーの評価と課題

新エネルギーは、枯渇の恐れがなく環境にやさしい等のメリットがあるが、既存のエネルギー源に比べるとエネルギー密度が低く、安定性に欠ける等のデメリットがある。太陽光発電や風力発電もエネルギー密度が低く、大量に発電するには広い土地が必要となるため、大電力の供給には不向きである。しかし、特定地域での利用(小規模分散型利用)は可能である。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

PAGETOP