【10-4-1】原子力損害賠償支援機構による賠償支援の概要

国は、東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故による原子力損害を受け、原子力事業者による相互扶助の観点から、将来にわたって原子力損害賠償の支払等に対応できる支援組織(機構)を中心とした仕組みを構築。また、これまで原子力政策を推進してきたことに伴う社会的責務に鑑み、(1)被害者への迅速かつ適切な損害賠償のための万全の措置、(2)東京電力(株)福島第一原子力発電所の状態の安定化・事故処理に関係する事業者等への悪影響の回避、(3)電力の安定供給の3つを確保するため、「国民負担の極小化」を図ることを基本に、損害賠償支援のための万全の措置を検討している。(2019年2月20日更新)

このページをシェアする