原子力・エネルギー図面集

【5-2-9】原子力発電所の定期安全レビューと高経年化対策

事業者は、高経年化対策として、運転開始後30年を経過する前に技術評価を行い、その後の10年間に実施すべき追加保全策を抽出した長期保守管理方針を策定し、国の認可後、この方針に基づく保全計画を作成する。技術評価と長期保守管理方針は、最新の技術的知見を取り入れながら、10年ごとに見直される。(2016年3月14日更新)

この記事に登録されたタグ

関連記事

PAGETOP