hontou_energy

CO2を出さないために、身近でできることは?

2013年8月26日



たとえば、夏場にエアコンの冷房温度を27℃から28℃に1℃上げるだけで、年間に8ℓの石油が節約でき、さらにその石油を利用しないことで、二酸化炭素(CO2)を約11kg削減したことになります。

私たちが使っている電気の65%は、燃えると二酸化炭素を出す石油や石炭、天然ガスなどを利用した火力発電でつくられています。
したがって私たちが電気をムダなく上手に使うことによって、そのぶん燃料や発電量を少なくして、二酸化炭素の発生量が減量されることになります。
地球の温暖化を防ぐために、一人ひとりが電気を上手に使って、身近でできるCO2ダイエットに心がけてみてはいかがでしょう。



このページをシェアする

ページTOPへ