ここが知りたい!新規制基準Q&A

[Q]電源を確保するために、原子力発電所ではどのような対策が進められているの?


日本原子力文化財団

2014年4月10日


[A]

長時間の電源喪失を防ぐため、多重化・多様化された代替電源の設置が進められています。



緊急時には、中央制御室でのプラントの監視や、ポンプによる原子炉への注水、発電所構内での通信の確保など、あらゆる場面で電源が必要になります。各事業者では、電源の喪失・破損につながる浸水を防止するための対策を講じていますが、それでも原子力発電所の敷地内、さらには建屋内が浸水し、全交流電源を喪失することも想定して、電源供給手段の多重化・多様化に取り組んでいます。
外部電源については独立した2ルート以上の送電線を確保し、内部の代替電源をバックアップするため、冷却水を必要としない空冷式で大容量の電源車やガスタービン発電機の高台への設置などが進められています。
また、蓄電池の増設や、新たな配電盤の敷設、移動式の非常用電源から接続先への電源ケーブルの常設化、非常用ディーゼル発電機用の燃料油貯蔵タンクの増設なども行われています。




kisei_q10



PDFでもご覧いただけます


PDFをみる


新規制基準適合性に係る審査(原子力規制委員会)

このページをシェアする

ページTOPへ