jyosen

3区域での除染の目標


除染特別地域は、自然放射線や医療によって受ける放射線を除いた被ばく線量(追加被ばく線量)によって、「避難指示解除準備区域」、「居住制限区域」、「帰還困難区域」に分けられます。優先的に「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」から除染が行われました。


※平成30年3月に帰還困難区域を除く全ての面的除染が完了しました。

年間の被ばく線量が20ミリシーベルト未満の区域

・・・「避難指示解除準備区域」


この区域では、年間の追加被ばく線量を1ミリシーベルト以下に減らすことを長期的な目標としています。当面は、年間の追加被ばく線量を平成25年8月末までに平成23年8月末に比べて一般住民は約5割、子供は約6割減らすことが目標とされました。



年間の被ばく線量が20〜50ミリシーベルトの区域

・・・「居住制限区域」


この区域を迅速に縮小することが大きな目標です。年間の追加被ばく線量を20ミリシーベルト以下に減らすよう、平成24~25年度内を目途に除染が行われました。



年間の被ばく線量が50ミリシーベルトを超える区域

・・・「帰還困難区域」


この地域では、当面は国がモデル事業を続けます。モデル事業とは、効率的・効果的な除染の技術や除染を行う作業員の安全確保の方策などを確立するためのものです。モデル事業の分析結果は、適切な除染を推進するための基礎資料として活用されます。

このページをシェアする

ページTOPへ