kiso

除染とは



除染の方法には、住宅であれば屋根やベランダ、雨どいなどの温水高圧水洗浄、庭木のせん定、庭土や芝のはぎ取りなどがあり、国では平成24年度に開始する本格的な除染に先がけて、効率的・効果的な除染の技術の確立や除染によって放射線量が下がることの確認などを進めています。


除染では、自然放射線や医療によって受ける放射線を除いた年間の被ばく線量が20ミリシーベルト以上の地域を、段階的かつ迅速に縮小することを基本方針としています。この年間20リシーベルトという指標は、今回の事故を受けて内閣官房に設けられた「低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ」が、他の発がん要因によるリスクと比べても十分に低い水準の健康リスクとしている放射線の数値です。


このページをシェアする

ページTOPへ