hontou_denki

日本はどうやって電気をつくっているの?

2013年8月27日



国によって自然やエネルギー事情などが違いますので、電気づくりもそれぞれ異なっています。

たとえば、水量の豊かな川の多いカナダでは水力発電で、国内の電気の約6割をつくっています。
また石炭資源に恵まれたアメリカやドイツでは石炭火力で電気の約5割を、フランスでは電気の約8割を原子力でつくっています。

一方、日本では一つに頼らずに、石炭、液化天然ガス(LNG)や原子力、水力など、それぞれの発電方法の長所を活かしてバランスよく組み合わせ、電気をつくるようにしています。

エネルギー資源の大部分を輸入に頼る日本で、電気をより安定して使えるようにするための方法(エネルギーミックス)です。



en_img24

このページをシェアする

ページTOPへ