kiso

原子力規制委員会の概要



原子力規制委員会は、環境省の外局として平成24年9月に発足しました。経済産業省にあった規制機関の原子力安全・保安院と内閣府の原子力安全委員会を統合するかたちで新たな組織をつくり、原子力の規制行政を担います。


原子力規制委員会は委員長と4名の委員で構成され、事務局として原子力規制庁が設けられています。原子力安全・保安院だけでなく、原子力安全委員会や文部科学省などが担っていた原子力安全関係の業務(発電用原子炉や試験研究炉、核物質防護などに関する規制、SPEEDIの運用、放射線モニタリングなど)を一括して行います。


こうして原子力に関する規制と利用をしっかりと分け、安全に係る業務を一元化するとともに、緊急事態への対応を強化することが大きなねらいです。


当面は、全国の原子力発電所の再稼働の判断や新たな安全基準のほか、事故発生時の対応、避難の基準などを策定することになります。


このページをシェアする

ページTOPへ