kiso

医療で受ける放射線



放射線は医療の分野で治療や検診などに役立てられています。これによって受ける放射線量は、胸のエックス線集団検診1回で0.06ミリシーベルト、胃のエックス線集団検診1回で3.0ミリシーベルト、PET(ポジトロン断層撮影)で2.0ミリシーベルト、CTスキャンで2.4~12.9ミリシーベルトなどとなっています。日本人は平均して一人あたり年間に、医療で2.25ミリシーベルトの放射線を受けています。


日常生活と放射線

「原子力・エネルギー図面集」より


このページをシェアする

ページTOPへ