kiso

冷温停止状態と事故の収束




政府は、東京電力(株)福島第一原子力発電所の原子炉が「冷温停止状態」に達し、不測の事態が発生しても敷地周辺で受ける放射線量が十分に低い状態を維持できるようになったとして、平成23年12月16日、発電所の事故そのものは収束に至ったと判断されるとする報告書をまとめました。


冷温停止状態とは、原子炉圧力容器の底部の温度がおおむね100℃以下になり、環境への放射性物質の放出が大幅に抑えられている状態をさします。


このように、原子炉自体は安定状態となりましたが、発電所敷地内外の広い範囲の除染や燃料の取り出し、原子炉施設の解体など多くの課題があり、実質的な事故の収束に向け、国や東京電力(株)が連携を図りながら取り組みを進めていくこととしています。


このページをシェアする

ページTOPへ