kiso

事故評価「レベル7」とは



原子力安全・保安院(現原子力規制委員会)は、東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故を国際原子力・放射線事象評価尺度(INES)で「レベル7」と暫定評価しています。これは1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原子力発電所の事故と同じレベルです。


国際原子力・放射線事象評価尺度では、放出された放射性物質の放射能(ヨウ素131換算)が「数万テラベクレル(テラは1兆)を超える」と、レベル7になります。チェルノブイリ原子力発電所事故の520万テラベクレルに対し、今回の事故は63万テラベクレル[※1]~77万テラベクレル[※2](推計)で、10分の1と見込まれています(平成23年6月6日現在)。「国際原子力・放射線事象評価尺度がチェルノブイリと同レベル」でも、「事故の深刻度や被害の規模がチェルノブイリと同レベル」ということではありません。

※1 原子力安全委員会試算
※2 原子力安全・保安院試算


38_img01

このページをシェアする

ページTOPへ