ニュースがわかる!トピックス

事故を踏まえた原子力発電所の安全強化対策は?


ニュースがわかるトピックス

2012年11月29日


福島第一原子力発電所では、地震・津波によってすべての電源を失ったことで冷却機能を確保できなくなり、原子炉内の燃料が重大な損傷を受けました。こうした過酷事故は、シビアアクシデントと呼ばれます。福島第一の事故により、事故は起こり得るものと想定した対策が急務となりました。


すでに全国の原子力発電所では、今回のシビアアクシデントを踏まえたさまざまな安全強化対策が着実に進められています。


そのポイントは、電源や冷却機能を確保する対策を講じてシビアアクシデントの発生を防ぐこと、そして、それでもシビアアクシデントが発生した場合を想定し、備えておくことです。各原子力発電所では、シビアアクシデントを防ぐ直接的な対策となる発電機車や消防自動車、ホースの配備などがすでに完了し、さらに、津波に対する予防策(防潮堤・防潮(波)壁の設置、建屋の水密化など)や、シビアアクシデントの発生を想定した対策(水素爆発の防止など)が進められようとしています。


参考:
電気事業連合会 「安全対策の主な実施内容」

news031

このページをシェアする

ページTOPへ