gaiyou

事故の分析・報告


福島第一原子力発電所では、地震にともなって発生した津波によって複数の号機がほぼ同時に緊急事態となり、相次いで炉心溶融や水素爆発が起こりました。これにともない大量の放射性物質が放出され、多くの周辺住民が避難を余儀なくされるなど、その影響は長期に及んでいます。


この事故の原因の究明や、事故発生時の対応について検証を行い、さらに事故の背景を分析することは、今後の原子力安全規制や防災対策などを見直すうえで大変に重要です。こうしたことから、事故後、政府や国会、民間、東京電力(以下、東電)、原子力学会などに事故調査委員会が設置されました。


ここでは、それぞれの報告書から、「事故の直接的原因」、「事故の根源的原因・背景」、「事故発生時の対応」、「住民避難」などについての見解や、「提言と課題」についてまとめています。





政府、国会、民間、東電


全部見る


学会


全部見る


【以下より作成】
国立国会図書館 調査と情報 第756号「福島第一原発事故と4つの事故調査報告書」
日本電機協会 「東京電力・福島第一原子力発電所 ここがポイント 事故調査報告書」
東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会(政府事故調)報告書
東京電力福島原子力発電所 事故調査委員会(国会事故調)報告書
福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)調査・研究報告書
福島原子力事故調査委員会(東京電力)報告書

このページをシェアする

ページTOPへ