kiso

ストレステストとは




ストレステストは、正式には「既設の発電用原子炉施設の安全性に関する総合的評価」といいます。今回の事故を踏まえ、原子力発電所の一層の安全性向上と、安全性についての国民・住民の方々の安心・信頼の確保を目的に、一次評価、二次評価の二段階で実施されます。


一次評価は、定期検査中の原子力発電所で行われるもので、安全上重要な施設や機器などが設計上の想定を超える地震や津波にどの程度耐えられるか(安全裕度を有するか)を調べます。


二次評価では、すべての原子力発電所の設備が対象となり、欧州諸国ですでに実施されているストレステストの状況や今回の事故の検討状況なども踏まえながら、総合的な安全評価が行われます。


ストレステストの概要

出典:「原子力・エネルギー図面集 2012」より

このページをシェアする

ページTOPへ