hontou_genshiryoku

ウランについて、もっと詳しく教えて。

2013年8月26日



原子力発電所の燃料として使われているウラン。

ウランはとても力持ちです。
たとえば、原子力発電所では小指の先ほどの大きさに焼き固めたペレットという粒状のウラン燃料が使われています。この1粒から得られるエネルギーをガソリンに換算すると、なんと680リットル分。乗用車で北海道の稚内から鹿児島までを1往復する距離(約5,800km)を走らせることができます。
原子力発電所のウラン燃料は、このように少量で大量のエネルギーを出して電気をつくることができます。

このページをシェアする

ページTOPへ