電離作用

でんりさよう

解説

放射線が物質をイオン化する働きのこと。


放射線が物質を通過するとき、その放射線がもつエネルギーの一部または全部が原子や分子に与えられ、電子をはじき出す。これによって物質はイオン化し、自由電子が生成される。物質と相互作用してエネルギーを与える過程は、放射線の種類(電気を帯びているか、電磁波かなど)によって異なる。




放射線の性質


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ