jyosen

除染の進捗状況


除染特別地域


 「除染特別地域」における国による除染については、避難指示解除準備区域と居住制限区域の除染作業を2年間(平成26年3月末)で行い、除染で発生した土壌などを仮置場に搬入することを当初の目標としていましたが、各市町村の状況に応じて目標を改め、復興の動きと連携した除染作業が進められています。

  対象となっている11市町村のうち田村市、楢葉町、川内村、大熊町では、平成25年度内、葛尾村、川俣町では平成27年度内に除染作業が完了しました。平成29年3月までに除染特別地域においては、除染実施計画に基づく面的除染が完了する見込みです。



除染特別地域の除染の進捗状況 (平成29年1月31日現在)


市町村 除染計画の
策定
先行除染
(拠点の除染)
本格除染
田村市 (H24/4/13)

(終了)

終了
楢葉町 (H24/4/13)
(終了)
終了
川内村 (H24/4/13)
(終了)
終了
飯舘村 (H24/5/24)
(終了)
着手済
(H24/9/25~)
川俣町 (H24/8/10)
(終了)
終了
葛尾村 (H24/9/28)
(終了)
終了
大熊町 (H24/12/28)
(終了)
終了
南相馬市 (H24/4/18)
(終了)
着手済
(9割終了)
(H25/8/26~)
富岡町 (H25/6/26)
(終了)
終了
浪江町 (H24/11/21)
(終了)
着手済
(9割終了)
(H25/11/27~)
双葉町 (H26/7/15)
(終了)
終了

環境省資料より作成



汚染状況重点調査地域の除染進捗状況

● 福島県内市町村(平成28年12月末現在)
住宅の除染は、ほぼ終了、農地・牧草地、公共施設等は約9割、道路・森林(生活圏)は、約7割です。

● 福島県以外の市町村※(平成28年12月末現在)
学校・保育園等、公園・スポーツ施設、道路、農地・牧草地、森林(生活圏)は終了、住宅は、ほぼ終了しています。


環境省「除染・中間貯蔵施設・放射性物質汚染廃棄物処理の現状、成果及び見通し(平成29年3月3日)」より作成



※個別の市町村の状況は、除染情報サイトよりご確認いただけます。

このページをシェアする

ページTOPへ