蛍光作用

けいこうさよう

解説

放射線が蛍光物質を光らせる働きのこと。


一般に、物質に外部からエネルギーが加えられたとき、その物質がエネルギーの高い状態(励起状態)となり、元のエネルギーの低い状態(基底状態)に戻る際に光を出す現象を蛍光という。放射線が物質にあたることで、その蛍光物質に光を出させる働きを、放射線の蛍光作用という。


放射線のエネルギーによって蛍光を発する物体をシンチレータと呼び、これを用いた放射線測定器がシンチレーション検出器である。




放射線の性質


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ