放射線

ほうしゃせん

解説

放射線には、「高速で動く粒子」と、光や電波に似た性質を持つ「電磁波」の2種類がある。いずれも物質中の原子を電離させ、発光作用や化学変化を引き起こすのが特徴。


1895年にレントゲンは陰極線管から目に見えないが、物質を透過する能力を持ち、写真乾板を感光させるものが出ていることを発見し、X線と命名した。その翌年に、ベクレルは自然界に存在するウラン塩から放射線が出ていることを発見した。自然界に存在する物質から放出される放射線は、その性質に従って、α(アルファ)線・β(ベータ)線・γ(ガンマ)線と命名された。


現在は一般的に、物質に電離作用を及ぼす、α線・β線・中性子線などの「粒子線」と、X 線・γ線などの「高いエネルギーの電磁波」を総称して「放射線」と呼ぶ。




「原子力・エネルギー図面集」より


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ