宇宙線

うちゅうせん

解説

宇宙から地球に飛び込んでくる放射線。その種類と性質はさまざまで、粒子線と高エネルギーの電磁波の両方がふくまれる。多くは地球の大気や磁場によってさえぎられ、人の生活圏まで届くのは一部である。


宇宙空間では地上よりもずっと強い宇宙線にさらされるため、国際宇宙ステーションなどをふくむ、地球の大気圏外で人が活動する場合は、宇宙線に対する防護の技術が不可欠。また、飛行機の利用で被ばく量が多くなるのは主に宇宙線の影響である。


人は地上で受ける宇宙線は、年間平均で約0.39ミリシーベルトとされる。




日常生活と放射線


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ