外部被ばく

がいぶひばく

解説

体に放射線を受けることを「被ばく」という。被ばくはその経路によって、外部被ばくと内部被ばくの2種類がある。外部被ばくは、人体の外部にある放射性物質から被ばくすること。日常生活では、宇宙線や地中の放射性物質等によって外部被ばくしているほか、X線を使った診断などによる外部被ばくもある。


外部被ばくでは、物質を透過する能力が低く、服や皮膚で止まってしまうα(アルファ)線は影響が小さく、透過能力が高いγ(ガンマ)線・X線・中性子線などの影響が大きい。




被ばくと汚染の違い


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ