γ(ガンマ)線

がんません

解説

γ(ガンマ)線は放射線の1種。電波や光(可視光線)と同じ電磁波であるが、これらに比べて波長が短く、エネルギーが高い。


エネルギーが高い状態(励起状態)の 原子核から放出される。α壊変、β壊変によって生じた原子核から放出される場合が多い。物質と相互作用しづらいため、透過する力が強い。原子力発電所では、原子炉から出るγ線の遮へいに、厚さ2~4メートルのコンクリートを用いる。


人体に対する影響を考える場合、γ線は壁や衣服を簡単に透過するため、周囲の放射性物質による外部被ばくに注意が払われる。体内で放出された場合は、人体を通りぬけるまでに細胞に与えるダメージは比較的小さい。また、γ線を放出する放射性同位元素にはテクネチウム99mなど核医学診断に用いられるものもある。




放射線の種類と透過力


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ