α(アルファ)線

あるふぁせん

解説

α(アルファ)線は放射線の1種。ウラン238、ラジウム226などの放射性同位元素の崩壊によって放出され、ヘリウムの原子核と同じ構成(陽子2個と中性子2個)を持つ粒子線。


2価(+2)の正の電荷を持ち、物質と相互作用しやすい。このため物質を通り抜ける力は弱く、空気中でも数センチしか飛ぶことができず、薄い紙一枚程度もさえぎることができる。作用した物質には自身の持つエネルギーを放出し、大きな影響を与える。


人体に対する影響を考える場合、α線は皮膚や衣服で簡単にさえぎることができ、外部被ばくへの関与は少ない。体内で放出された場合は、付近の細胞に与えるダメージが大きいため内部被ばくでは注意が必要な放射線である。




放射線の種類と透過力


参考

関連項目

このページをシェアする

ページTOPへ